2017年09月22日

あとワンクルール

受け皿として立ち上げた妻名義の法人もそろそろ役目を終える時期が近づいた。
あとワンクルールで、私が所属する大手保険代理店も来年一日よりA◎◎の商品の販売が可能になる。
そこで大手代理店に数字を移管すれば全て完了。

思えば面倒なことをしてきたと思う。
負け組保険代理店の私にしてみれば、70%の手数料カッとでは立ち行かない。
ローンもあるし、家族の生活を守るにはそれしかなかったものの、それを面白くないと感じる、A◎U内部では、「つぶしてしまえ」みたいな強気な意見もあったときく。

ああああ嫌だなぁ。
私はただ、普通に保険を売っていたいだけなのに・・・。

posted by kazuo at 10:16| Comment(1) | 日記

2017年09月18日

リーズを買う

会社から火災保険のリーズを希望する募集人に提供している。
もちろん無料でないし、成約すると手数料は折半なので、募集人にとって微妙ところだ。
まだやり始めたばかりのので、ハッキリした結論はでないが、生保のリーズよりは成約率は良いと思う。

損保は答えが決まっているので、保険料競争しかないが、生保はそれぞれの考え方が反映されてしまい、提案が多岐にわたり、もっと言えば、保険なんか不要という結論もアリ。
しかし、自動車購入して自動車保険要らないは、単なるバカです。

そんなわけで、損保リーズは手ごたえがあるが、手数料が低い。
なので、そこからどう広げるかが重要になる。


タグ:リーズ
posted by kazuo at 23:34| Comment(0) | 日記

2017年09月11日

保険会社のシステム

慣れているシステムでの保険料計算は楽だ。
私にとって朝日火災や三井住友のシステムは使いづらいと感じてしまう。
慣れれば同じだかもしれいが、それでもAIUのサクセスは非常に練れたシステムであることを実感する。

AIUと比較すれば、ことシステムについては、朝日火災は発展途上国でインフラもまだまだ。
細かいことだが、サポートはAIUは無料だが、朝日火災は20秒ごとに10円加算される。
サポートの対応も微妙に違うし、ときおりカッチンとくる。

そんなAIUだが、来年より富士火災と合併してAIGとなる。
システムはどうなるのだろうか?
サクセスを残して欲しいと切に思うが、事態はそうはいかず、AIGコネクトが残されるようだ。

代理店にしてみれば、ソリシターには当り外れがあるにせよ、システムはそうではない。
システムの優劣が保険会社の判断材料だと思える。
タグ:サクセス
posted by kazuo at 11:02| Comment(2) | 日記

2017年09月06日

大同生命の不思議な提案

大同生命が代理店や募集人にアホなことを言っているらしい。
個人情報の観点から、三ヵ月間以上経過した設計書は破棄するようにとのお達し。
推測だが、設計書が不十分な管理のため何か問題がおきたのだろうか・・?
募集人としてみれば、次回の営業に提案した設計書を参考にするのは当然で破棄はしない。

そもそも設計書は個人情報で取り扱いに慎重になるのはあたりまえで、それは三ヵ月間以上経過した設計書に限ったことではないわけで、個人情報の取扱いの問題と保管期限とは別の問題だ。
結局、代理店の反対で、このアホ提案は持ち帰りとなった。

思うに、保険会社の社員はいつの頃からか、とても頭が悪くなった。
かっては人気就職先が損保会社だった時代にはそれなりの人材が集まったが今はそうではない。
みんな何かに振り回されている。
posted by kazuo at 18:29| Comment(0) | 日記

2017年09月02日

AIUと富士火災の合併でAIGそこで私の選択は

悩み迷っていることがある。
来年一月一日よりAIUと富士火災が正式に合併してAIGとなる。
私が所属している大手代理店は富士火災の代理店でもあるので、そのままAIGの代理店に変身だ。
その流れで、私が残してきたAIUの契約をそのまま大手代理店に移管すれば、正々堂々とAIG(旧AIU)の契約を継続できる。

が・・。ここで問題。
大手代理店に移管すると、新規であっても継続扱いだ。
これは私にとって不利になる。大手代理店は毎月上位募集人に対して賞金を支給してこれがバカにならない。
加えてノルマの基準が継続では0だが、新規はそのまま評価してくれる。

だったら、大手に移管せずに、そのまま廃業宣言をすればいい話だが、それだと保全が出来ない。
保全できない契約は保険会社の直扱いとなり、ややこしいことになる。
直扱いの担当とバトルになる。敵のスキルは申し分ないだけに私はやや不利(涙)

でも、仕事は会社につくのではなく人につくものだ。(実感しました)
それでもやっぱり何がおこるかわからない不安はある。
さてさて、どうしたもんか悩み考える。

posted by kazuo at 17:04| Comment(0) | 日記

2017年08月15日

商談はどこでしますか?

今日までお盆休み。
明日から仕事で、アポもあり即契約になる。
商談場所は下北沢で喫茶店になるが、外での商談はカラオケを積極的に私は利用している。
気分はほとんど貸事務所。
個室なので、プライバシー保護になり、机が広いので書類やパンフレットを気兼ねなくおける。
損害保険の更改程度あれば、それこそマックでもいいけど、生保の商談はマックじゃだめ。

欠点は料金がイマイチ不明。
2時間で二人で2000円なら、まぁ〜しゃなないと、思っていたら同じ店で5000円を請求された。
あれはボラレタ気分だった。
posted by kazuo at 11:20| Comment(0) | 日記

2017年08月12日

人間関係をダメにするのは、マルチ商法それとも保険勧誘?

AIU時代の担当(女性)からラインが届く。
互いに立場や職場が変わっても、たまにだが、一緒に飲みにもいく。
年齢を重ねれば重ねるほど、こういう関係は大切にしていきたい。

ところが、今回、彼女は会うなり、食事の大切さや栄養の意味などを得々と語りだすのだ。
どうやら、二年前に私が頚椎性骨髄症で入院したことや、最近では眩暈で入院したことをラインで知り、心配で声をかけてくれたというのである。

ありがたい話だが、彼女の話は、そこからアムウエイと着地した。モバQ
多分、それが目的での誘いであることは薄々感じていた。
彼女のラインは私を心配するコメントではなく、食事や栄養について説明で、だから会いたいというのは不自然。

彼女との関係を考えると、一応は会ったが、苦痛な時間だった。
「今度、また◎◎ちゃんと誘ってカラオケでも行きましょうね。」と、いう彼女の言葉も空しく聞こえた。
タグ:アムウエイ
posted by kazuo at 09:55| Comment(0) | 日記

2017年07月20日

さくらブログは

どうもさくらブログは使い勝手がイマイチ悪い。
ブラウザーから入れないので、何回もクリックして自分のブログにたどり着く。
レンタルサーバなので、ジュゲムブログみたく、勝手に記事を削除されたりされることない。
サポートもしっかりしているし、メールではなく電話で対応してくれるのは嬉しい限り。
でも、アフィリエイトも出来ないし、ジュゲムみたく仕掛けがなくて、なぁ〜んか地味です。
posted by kazuo at 22:28| Comment(0) | 日記

2017年07月18日

変額保険と外貨

変額保険のテスト結果は合格。わーい(嬉しい顔)
やれやれでした。

変額保険に拘るのは、マイナス0金利の影響で、保険の予定利率は下がり、保険で補償を備えつつ増やすということが難しくなってきたので、外貨や変額を視野に入れることが重要だと思うからです。
少なくとも引き出しを多くすることは有利ですよ。
そこで壁になるのは、外貨ならば為替リスクで、変額保険は過去の悪いイメージですよね。
posted by kazuo at 10:39| Comment(0) | 日記

2017年06月04日

確定拠出年金について考える

最近、少しだけ新しいフィールドに慣れて心と身体が落ち着いてきた。
富士火災とAIUの合弁も着々と前に進み、私としては追い風だ。
そうは言っても、私の数字が増えるわけでもなく、移行がより楽になったというだけの話だ。

そういう中で、拠出型個人年金の話が知人から聞いた。
5年前も拠出年金の普及員の誘いを受けたが、当時は個人型がないので見送った。
今度は個人での加入も可能になり改めて考えることなる。

ただし、普及員の資格をとるには、6万円程度の研修費用を払う必要がある。
これがちょっと痛い・・・。
確定拠出年金の普及は、国民年金があてにならないこの時代に意義はある。
ただ営業として考えると敷居が高く手数料が低いのがネックだ。
その一方で、生命保険のマーケットを広げることが可能だ。
タグ:確定拠出型
posted by kazuo at 08:47| Comment(3) | 日記